今年のシナノホッペ

今年のシナノホッペを収穫しました。まだまだ成長途中の若木ですので収穫量が少ない状況です。また、今年はモンパ病がシナノホッペの木の付近で発生してしまい、枯れる木が出ている状況。今年のシナノホッペはどんな味になっているのか、収穫した果実を試食しました。味は糖度14%程度で酸味が強く、果肉は固く感じました。果実表面の色は濃い赤色で、果肉には蜜入りが見られます。収穫が早すぎたのか?しかし、一部果実では果肉が柔らかいものも有り。モンパ病の影響、今年の気象、栽培方法、いろいろと原因が考えられます。

さて、今年のシナノホッペにつきましては収穫量が少ないため販売することが出来ません。収穫量が増えて果実品質が安定した年から販売開始したいと思います。長い目で見守って下さいますようお願い申し上げます。


シナノゴールド収穫

シナノゴールドを収穫中です。

黄金色に輝き、甘い香りが広がっています。

爽やかな甘さと酸味の有るりんごに仕上がりました。シャキシャキな食感と甘酸っぱいジュースが口の中に広がります。今年のシナノゴールドの味をお楽しみください。

 


サンふじ葉摘作業

サンふじ葉摘作業は終盤です。葉摘作業は真っ赤なりんごに仕上げる作業です。果実に密着している葉を摘み取りる作業を1玉1玉行います。単純な作業ですが、出来るだけ摘み取る葉を少なくすることに気を使っています。また、葉を摘み取らなくても赤く色つく果実は出来るだけ葉を残し、少しでも光合成ができるようにしてあげています。

シナノゴールドとサンふじ

 シナノゴールドとサンふじは収穫の時期に向かって色合いを増しています。

シナノゴールドは黄金色へ、サンふじは赤色へと変化してきました。

果樹園は赤色と黄金色のコントラストが美しくなっています。

シナノゴールドの収穫は間も無く。サンふじは11月15日頃からの予定です。

秋晴れの下でサンふじ手入れ

 久しぶりの快晴となった本日は、秋晴れの下サンふじの手入れをおこないました。晴天と朝晩の冷え込みで赤くなり始めたサンふじの葉摘み作業を行いました。空気が澄む日は朝晩がグッと寒くなります。

ようやく稲刈りが出来ました

 9月中旬から続いた長い雨と台風の通過で先延ばしになっていた稲刈りをようやく行うことができました。18号通過ではりんごの大きな被害は見られませんでしたが、雨の影響で水田の水かなかなか引かず、心待ちにした稲刈りです。台風18号通過後は一気に秋の気候になり、本日も最高気温20度、最低気温10度以下と大変涼しく、稲刈り日和でした。稲が倒れている場所では一部の籾から発芽しているものが見られました。どんなお米になるのか、少し心配は残りますが、稲刈りが出来て一安心です。

シナノスイート収穫始め

 まるす小平果樹園では、シナノスイートの収穫を始めました。

台風18号が接近してきていますが、天気予報では5日頃に影響が出る予想を伝えています。

シナノスイートは皮も果肉も柔らかいので、風に揺られると、簡単にキレ傷が出来てしまいます。

収穫が出来る果実はできるだけ収穫して台風に備えます。

台風に備えシナノスイートを収穫中
台風に備えシナノスイートを収穫中
収穫期を迎えたシナノスイート
収穫期を迎えたシナノスイート